2011年12月16日

アトピー一番大切なこと

こんにちは。

近頃の貨幣状湿疹をはじめ、アトピーの調子を久しぶりにお伝えします。

貨幣状湿疹は、何だったの?っていうくらい出ていません。

私はもともとこれまでお伝えしてきた通り、色々自力で試してきた口ですが、今の安定した状態を維持できているのは、堀口式アトピー克服マニュアルのおかげだと思っているんです。
(以前の記事⇒ずっと気になっていたアトピー系の情報教材を購入してみました

アトピーの人なら誰でも、一時的なイベントなどで、アトピーが悪化したりって、ありますよね?

私も、土日は今でも出かけることも多いので、生活が乱れます。

でも、そんな時は月曜から今度は引き算の生活をして、+−ゼロのコントロールができるようになってきました。

以前、「万能茶」で便秘解消の話をさせてもらいましたが、堀口式の生活にしてからはさらに鬼に金棒です(笑)

以前、人由来、且つ血液型別に自分でヨーグルトを作り、腸内環境を半年かけて変えていくある製品も随分長く試しましたが・・・・今いち不安定でした。日によってかなりの便秘の日も続くというか。



勿論堀口式は先に紹介した、ミヤリサン、ビタミンC、ビオチンも含まれたもっとつきつめた読み物なんですけど、最近はビオチンの摂取を緩やかにしてみたりしています。それでも、このテキストにおおまかに(これ、ポイント)沿って食べたり、飲んだり、暮らしていると二ヶ月しないで、色々と変わってきました。その時の値段が9800円で勇気いりましたけど(←何だかわからないものにこんなにお金かけたくないですから)、何で再発してしまうのか・・・とか自分の中で整理できたように思うんです。

紹介のところでは、寝具についてのっていますが、あれはほんの一部というか、私的には「できれば」、の話に思えます。本編はじんわりと、ちょっとづつ、でもこの小さい心がけが大きく効果が出てくる、という感じで、読み進めていけるんです。

これを実践して、たまにまだ見えかくれしていた湿疹とおさらばできたので、ここに出てくる、何らかの成分が私には足りなくて起きていたのか、あるいは食べ方を変えたから?とか色々考えたりしますが、いずれにしても、根本的な体質改善にも繋がっているので、ずーっと続けていきたいと思っています。

ポイントおさえると、意外と長続きさせられる感じです♪ただ、買いっぱなしはダメです、実践してくださいね(笑)。

アトピー性皮膚炎克服プログラム


2011年11月29日

かなり質の良いホホバオイル♪

こんにちは。

今日は、最近3ヶ月程使用してみたホホバオイルについて♪

肌が弱い人、にきびが出やすい人って、最初はいいんだけど、使ってしばらくすると痒みが出てきたり、だんだん日を追うごとにむず痒くなってくること...ありますよね?

私はまさにその代表で、これはいい!!って気に入ってしまったものも二ヶ月くらいしてから使用断念せざるを得ない問題点が出てくるんです。

***ですから今度も暫く使用してからのご報告となりました***

オイルってにきび出やすい人には嫌われがちです。
私もどう考えても、オイルで肌状態を改善できるとは思ってもみませんでした。
女性誌なんかで特集ページがあってもスルー(笑)。
こんなんで、治りませんよ・・・的な。

でも、これまでにも触れてきましたが、ホホバ油は違います。
本当に違います!!

これって、正式にはワックスの類なんですよね。
ですから、オリーブオイルはじめよく目にする美容オイルの使用感とはまったく違います。
少なくとも、トラブル肌の方はその違いがわかると思います。
またはじめてホホバ油を使用される方はできるだけ、質の良いもので試してみてください。

私のお勧めはこれまで通りこちら。

生活の木 ホホバオイル・クリア(精製)
↑はじめて納得できたオイルです

カリス成城 ホホバオイル
↑こちらはオーガニックもあります。でも普通のと違いはわかりません。それから、肌のキメがとても整うのに、私はかゆくなったので、続けられませんでした。

で、今日の本題☆

今回使ってみたホホバオイルは

NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」」というものです。

たまに有名女性雑誌なんかにも載ってますね。
生活の木が大好きなのですが、しぶしぶ試してみました(笑)。

・・・・・・かなりいいホホバ油でしたよ〜〜♪

でも、値段のわりに量が少ないんです。
30ミリリットルで3000円、50ミリリットルで5000円ですから(泣)。
最初、これって試供品?て思いました(汗)。

口コミみてもそうなんですけど、ちょびっとで肌に伸びるし、一番小さくても丁寧に使えば20日から一ヶ月もつかもしれません。
二回目は50ミリリットル頼んでみたんですが、乱暴な使用法でも1ヶ月後もなくなっていませんから、50ミリリットルサイズで1ヶ月使えることは確かです♪

ただ・・・高いだけある・・・ってはっきり言えてしまうかもです・・・オーストラリア産で厳しいチェックも通過してますから安心して試せます。
トラブル肌だと、とにかく、ファンデとか、基礎化粧品ジプシーで、結局お金使ってしまいます。皮膚科だ、サプリだなんだって。
それを考えると私の場合、これくらい肌を安定させてくれるものなら、続けたいって思いました。

ただし・・・にきびがとてもひどいのにスクラブやケミカルな日焼け止め、その他肌にかなり負担のある基礎ものを含めた化粧品を同時進行で使用された場合はそちらで刺激を与えてしまっているので、使用感がわかりにくい場合もあるかもしれません。
ですが、今、保湿ものやオイルの購入を考えていて、他のラインは変えたくないけど、いいのないかな?っていう方には、是非試してもらいたいです!
にきびがすぐ出ちゃう人で良い保湿をお探しの方用ってオイルです♪
注文してから届くまで、10日ちょっとかかるのもちょっとマイナス点なんですけど、それを差し引いてもこれからも続けたいな〜という気持ちになっています。
【公式サイト】NATURAL ORCHESTRAのホホバオイル「PRO BIO」

最後に重度のニキビの方だけでなく、全てのトラブル肌に言えることですが、暴飲暴食をやめること、それから、なるべく全てのアイテムを脱ケミカルにもっていくと本当に肌に合う合わないがわかってくると思います。

有名どころのエステや、皮膚科併設のエステにしても、しみを薄くしてくれたり一時的に角質をとったり、にきびの殺菌をしてくれても、そこで使われているものは私たちの肌に少なからず負担になってしまう成分がそれなりに含まれていることが多いようです。
そういうのもあって、通いだすと良くなっている気もするけど、すっかりきれいになりきれないという傾向があるのかなあ、とも思えます。

自分で一つ一つ見つけて行く方がかえって近道なのかなあ、って最近は思ったりします。
posted by kimi at 10:07| Comment(0) | おすすめグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

角質培養とにきび

こんにちは。
またまた久々の更新で、すみません。

今回も引き続き、にきびと敏感肌についてお話してみたいと思います。

にきびが出てなかなか治らない時期に考えたことがあるんです。

それは、どうして治らないのか、どうして日によって肌のコンディションが違って脂っぽいとき、乾燥がひどい時、痒いとき・・・と色々なのか。

「にきびがある人は逆に保湿をしてあげないとだめ」なんて記事を読んで、実際、なるべく肌に良さそうに見える保湿剤を色々使っても・・・・実際はなんか悪化してない??状態で、これなら、あまりあれこれつけずにまだ、洗いっぱなしのほうが良いとさっぱりしたスキンケアだけで過ごしていると、今度はなんかいつも口の周り粉ふいてたり・・・・。

そんな私が、気になっていたことはやはり、保湿をすることで実際にきびが治ったり、洗い過ぎない、石鹸を使用しなくなったら治ったっていう口コミ。

さらにそんな時「角質培養」というキーワードに出会いました。

ちょっとここでは私が詳しくご説明できないので、詳しくはサッポー美肌塾のメルマガをお時間ある方読んで見てください。

これ読むと私は今まで何をしてきたんだろうと思えちゃう方多いと思います。

ちなみに、にきびって、偏ったスキンケアでは治らないことも実感しました。

これはサッポー先生的理論ではなく、独自の体験に基づいたコメントです(笑)。

また、私は、紹介されているサッフォ化粧品は使っていません。
このメルマガでもサッフォ化粧品は紹介されてはいますけど、巷でよく目にする「治したければうちの化粧品ぜひ試してみて」的な要素は低いようです。

別の化粧品使っていても、質問するとしっかりお返事もくれるようですし。

もれなく『サッポー美肌塾のスキンケア読本』がついてくるモニター募集もやっているようですので、ご興味がある方はお試しあれ。

アトピー、にきび、その他敏感肌を変えて安定肌を作るのは、必要な角質で守られた肌なんです。
よく肌が入れ替わるのに28日、とかありますよね?あれも、よくわからなかったんです。
何をもって入れ替わったのかですよね。

これまで根こそぎ奪い続け、気がつけば表面だけ、つるつるして、且つ敏感は続いているといったビニール肌は、必要な角質の層が出来上がるのを待つスキンケアをすると変わるんです。

慢性的にあった炎症にきびはかなり改善できる可能性は高いように思います。

かといって、以前やってみたんですけど、水とか、小麦粉とかだけの洗顔で化粧しない生活、私はだめでした。炎症は少なくなりますけど、一時的に角栓もすごいので、耐えられないです。

きれいでいながら、にきびを治したい人には向かないかんもしれません。
ぬるま湯洗顔、水洗顔だけで綺麗になることもあるのはまったく否定しませんが、向き不向きがありますね。
posted by kimi at 17:40| Comment(0) | にきび治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

ニキビ治療・・試してみたもの

にきびがいつもと違うくらい出てしまった時、あるいは慢性的でいつも居座っている時、女性ならスキンケア商品中心にまず、色々試してみますよね。

これから、少しずつ、私が試したものについて口コミしていきます。


皮膚科の治療

これまでも触れてきた通りです。皮膚科お勧めの基礎化粧品も含め、通院したからといって、どんどん良くなる、という風にはなりませんでした。根本的な解決、という観点から考えるとこれで、どれだけ効果が出てきて、いつくらいに、綺麗さっぱり縁を切れるようになるのか疑問の方が大きかったです。

漢方

こちらも、皮膚科で出されることも多いですね。顆粒の漢方薬、「セイジョウボウフウトウ」と「ケイガレンギョウトウ」とか・・・。こちらは、貨幣状湿疹、アトピーが出て煎じる方の漢方薬を飲むようになってから感じたことですが、粉状の漢方薬も胃腸が強い人ならこれ、とかある程度は分けられてはいるものの、
にきびにはだいだい3種類くらいの中から処方されることが多いみたいです。
結局病名に応じて用意されているものが出されている感じですね。
漢方治療でにきびを治そうと思っている場合は漢方専門の病院や薬局の方が良いかと思います。

ピーリング石鹸

ピーリング石鹸も何種類か使ってみたと思います。にきびで有名な掲示板を参考に購入して使ってみました。思ったほど刺激はないのと、ざらざらがつるっとなるのは気持ち良かったのを覚えています。
ただ、乾燥しますね。結果かえって肌が潤そうと皮脂を出そうとするので、不安定な肌のままという感じです。洗顔後はすっきりしているのに、何時間かたつと、なんかべたべたしているような。
肝心のにきびは、数は減ったんですけど、やっぱり依然として出てました。この頃って私は、まだまだ自分の皮脂をがっちり取り去ればにきびは出なくなると思ってましたから、とにかく保湿より洗うことでにきびをなんとかしようって思っていたんだと思います。

クロロフィル美顔教室の化粧品

こちら、テキストまであります。化粧品の種類も豊富で、にきびだけでなく、しみ、しわ、その他のトラブル対応となっていますけれど。肌に刺激を与えず、なるべく肌をから水分を奪わないパッティング方法とかまずは乾燥させないことっていうメカニズムは頷けます。水分、油分バランスを考えての化粧法なんですけど・・・・めんどくさいんです。かなり・・・・。ガーゼ使って化粧水とかつけます。お値段もかなりはります。私は使いこなせませんでした。成分的なものは当時気にしていなかったので今はなんとも言えませんが無添加系の化粧品ではないです。改善まで時間がかかるので、私は続けられませんでした。

ビタミンC誘導体

こちらも、何社かのを試してみました。とかち皮膚科さんのとか有名どころも♪@コスメさんなんかでも上位にきているものなんかも♪
まず、なぜか、私、濃度云々にかかわらず、ピリピリしました。でも、結構こちらは効果ありますね。
私は敏感肌でもあるので厄介でしたが、肌が強くて濃度低めから試せば効果は期待できるようです。
これは、効く人は別人みたいにきれいになるみたいですね。
これ使いだしていた頃は無添加石鹸なんかも同時に使い始めていた頃なので、随分落ち着いてきていました。でもでも、生理前とか体調に左右され波がありました。
出るときは出る、みたいに。高濃度でクリームに配合されているものなんかも使ってみましたがそちらも良かったです。
まあ、いずれにしても、安定肌にはまだまだ、という感じで使い続けることはありませんでした。



また後日続きも並べていきます♪




posted by kimi at 13:17| Comment(0) | にきび治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

私の貨幣状湿疹治癒後の写真

今日は久しぶりのお休みなので、ちょっと写真をUPしてみました。

すみません、アトピーネタにちょっと戻ります。

貨幣状湿疹が再発した時、じくじくが治まり、治った直後に撮ったものです。
SN3Q0110.jpgSN3Q0106.jpg

ちょっと寒い日だったので、鳥肌で、すみません(汗)。

体を動かし、食べ物を改善(悪いものを食べないだけでなく、毎日体を作るために必要なものもきちんと摂らなければなりません。)すると、浸出液が止まらず、がびがび、あるいは炎症が激しい部位も日に日にここまで、もっていけます。

この時は1回しか鍼灸院へ行っていまんから、やるべきことを踏んでいくと、炎症は治まります。
脱ステ時にも激しく浸出液がでますから、同じメカニズムで改善に向かっていくものと思われます。

以前、自分では色々わかっているつもりでも、堀口さんのまとめているレポートをみて、足りないことも多かったと思った、ということをお話したと思いますが、私の日記風のものとは違って、アトピーの人が本気で再発せずに治したいならこれをしてください、というのが項目できちんと載っています。
その時の私の記事はこちらです。

この手の他のレポートものだと、これもしてあれもして、と結局お料理もめんどくさいくて続けられるかわからないレシピが沢山のっていたりで、気が遠くなってしまうんですよね。

でも堀口さんのレポートだと、バン!!と四項目くらいで、摂るべき必要成分も載せられていて、忙しくても毎日の生活で、それだけは心がけようって思えるんです。

確かに一人暮らしの方だと、私のように子供がいて毎日がっちり食事を作っている者に比べると本気でないと続かないかもなって思ったりもします。

でも、外にも出られない、じくじくで化粧もできない、どうやって脱ステ時を乗り切るか、見えないトンネルにいて、何をしたらよいかわからない人は、救いになるように思うんです。

ただの脱ステでは、ステロイドを塗らなかった時のレベルにしか、もっていけない場合も多いと思います。
時間もかかります。脱ステしながら、着々と以前の自分の生活と違うことを進めていかなければなりません。

私のお勧めのビオチンも堀口さんのレポートをみると、その一部に過ぎなくて、代謝を正常にするには、色々な成分が繋がりあって体を動かすので、浅はかな気にさえなりますねー。

ただ、玄米についての部分については、私、ちょっと躊躇しています。

玄米は、賛否両論で、人によって激しく悪化したという文献も目にします。堀口さんも、口にする期間を限定されいるのですがそれでも、私的にはポンと入り込めない・・・・。
マクロビでも基本なんですが、慎重派の私(汗)。それ以外は全て今も油断せず実践しています。
油断せず、といっても、昔の日本人はこんな環境にいたんですよね。それが、今の社会で生きる人には難しくなっている。

体の内部が動く・・・・そうするとアトピー、貨幣状湿疹は出にくくなります。もちろん個人差はありますが、きちんと、書かれていることをしてみてください。

私は、今、それを常に生活の基盤においていますが(自ずと家族の生活まで整ってきますよ)痒くてかいても、皮膚が崩れません。健康な子供の皮膚のようにすぐ小さい瘡蓋になってとれて終わりです。
今日は↑の部分をお伝えしたかったのですが前置き非常に長くなりすみません。

沢山の人が早く、普通に化粧をして、半そで、半ズボンがはけて、笑顔が戻ってもらえると良いです。体質だからとあきらめないでください。体質は子供ならそのお母さんが、大人なら自分が作っているものです。

だから、体質は変えていけるということですね。





posted by kimi at 09:15| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。