2011年09月19日

私の貨幣状湿疹治癒後の写真

今日は久しぶりのお休みなので、ちょっと写真をUPしてみました。

すみません、アトピーネタにちょっと戻ります。

貨幣状湿疹が再発した時、じくじくが治まり、治った直後に撮ったものです。
SN3Q0110.jpgSN3Q0106.jpg

ちょっと寒い日だったので、鳥肌で、すみません(汗)。

体を動かし、食べ物を改善(悪いものを食べないだけでなく、毎日体を作るために必要なものもきちんと摂らなければなりません。)すると、浸出液が止まらず、がびがび、あるいは炎症が激しい部位も日に日にここまで、もっていけます。

この時は1回しか鍼灸院へ行っていまんから、やるべきことを踏んでいくと、炎症は治まります。
脱ステ時にも激しく浸出液がでますから、同じメカニズムで改善に向かっていくものと思われます。

以前、自分では色々わかっているつもりでも、堀口さんのまとめているレポートをみて、足りないことも多かったと思った、ということをお話したと思いますが、私の日記風のものとは違って、アトピーの人が本気で再発せずに治したいならこれをしてください、というのが項目できちんと載っています。
その時の私の記事はこちらです。

この手の他のレポートものだと、これもしてあれもして、と結局お料理もめんどくさいくて続けられるかわからないレシピが沢山のっていたりで、気が遠くなってしまうんですよね。

でも堀口さんのレポートだと、バン!!と四項目くらいで、摂るべき必要成分も載せられていて、忙しくても毎日の生活で、それだけは心がけようって思えるんです。

確かに一人暮らしの方だと、私のように子供がいて毎日がっちり食事を作っている者に比べると本気でないと続かないかもなって思ったりもします。

でも、外にも出られない、じくじくで化粧もできない、どうやって脱ステ時を乗り切るか、見えないトンネルにいて、何をしたらよいかわからない人は、救いになるように思うんです。

ただの脱ステでは、ステロイドを塗らなかった時のレベルにしか、もっていけない場合も多いと思います。
時間もかかります。脱ステしながら、着々と以前の自分の生活と違うことを進めていかなければなりません。

私のお勧めのビオチンも堀口さんのレポートをみると、その一部に過ぎなくて、代謝を正常にするには、色々な成分が繋がりあって体を動かすので、浅はかな気にさえなりますねー。

ただ、玄米についての部分については、私、ちょっと躊躇しています。

玄米は、賛否両論で、人によって激しく悪化したという文献も目にします。堀口さんも、口にする期間を限定されいるのですがそれでも、私的にはポンと入り込めない・・・・。
マクロビでも基本なんですが、慎重派の私(汗)。それ以外は全て今も油断せず実践しています。
油断せず、といっても、昔の日本人はこんな環境にいたんですよね。それが、今の社会で生きる人には難しくなっている。

体の内部が動く・・・・そうするとアトピー、貨幣状湿疹は出にくくなります。もちろん個人差はありますが、きちんと、書かれていることをしてみてください。

私は、今、それを常に生活の基盤においていますが(自ずと家族の生活まで整ってきますよ)痒くてかいても、皮膚が崩れません。健康な子供の皮膚のようにすぐ小さい瘡蓋になってとれて終わりです。
今日は↑の部分をお伝えしたかったのですが前置き非常に長くなりすみません。

沢山の人が早く、普通に化粧をして、半そで、半ズボンがはけて、笑顔が戻ってもらえると良いです。体質だからとあきらめないでください。体質は子供ならそのお母さんが、大人なら自分が作っているものです。

だから、体質は変えていけるということですね。





posted by kimi at 09:15| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

ずっと気になっていたアトピー系の情報教材を購入してみました

こんにちは♪

更新がしばらく滞っていました(汗)、すみません。

実は、少し前に初めてアトピー系の情報教材を購入し、仕事に追われなかなかはかどらないものの、少しずつ読み進めていました。

やっと昨日読み終えて、皆さんにご報告を♪

これまで、読むのにお金がかかる情報教材って(詳しくはこちらをクリックしてダウンロードしてご購読ください・・・ってという類のものです)胡散臭いのと(すみません)、お金をかけた分だけの価値のある情報なのか、怪しすぎて購入したことなかったんです。

でも、もちろん、この手の類ってピンきりだと思いますが、かなり審査が厳しいの、ご存知でしたか?

・・・というのも前から気になっていたアトピー関連の情報教材がありました。

本編のある一部(確か第3章です)の内容を読めるようになっているんですが、その部分だけでもかなり説得力があり、理に叶ってるんです。

その部分だけは無料なのですが、そこだけでもかなり勉強になります。

私は実際アトピー症状の一つである貨幣状湿疹に悩まされ、自分なりに模索してきたつもりだったのですが、この教材にはそんな私にもまだまだ勉強になったり、実際試してみようと思える事が多く載っていました。

9800円でしたが(ぶっちゃけですみません)購入して後悔していないというのが今の正直な感想です。読み終えた直後の気持ちなので大目に見ないといけませんが、ちょっとした感動すら覚えています。

この教材の詳細については、購入が前提の読み物なのでエチケットとしてここでお伝えできないのですが、アトピー症状と一生つきあっていくことを考えると今知ることができて良かったと思えました。

著者の堀口さんという方は、ご自分がアトピー性皮膚炎を患っただけでなく、彼の奥様もかなり重症のアトピーだったようです。宗教まがいのアトピービジネスにもかなり踊らされた過去もあったみたいですが、それでもご自分でアトピー克服のために勉強され尽くした方なんです。もともと堀口さんご自身のお仕事がヘルスコンサルティングであったこともあり、とても説得力があります。

教材の中ではステロイドを悪とは言い切ってはいませんが、根本的にアトピーと縁を切るために実践すべきことがほんとに沢山載っていました。(最終的には脱ステを目指します。)

私がこれを購入する勇気が出たのは、無料の部分だけで見ても、私が崇拝する(^^)鍼灸院の台湾出身の先生がいつも治療の根本に置いている事と本当に同じ方向の事を言っていたからです。

私の通う鍼灸院は、本当にアトピーで困っている患者さんが日本全国から集まります。本当にそうなんです。今日は北海道からとか大阪からとかと言った会話を受付でよく耳にします。
そしてそんな患者さん達の期待を裏切らない治療をし改善してくれています。

治療だけでなく、この治療をどういった理由でするのかといったことや、普段の生活ではこれに気をつけなさい、といったことを理論立ててきちんと説明してくれるのです。
だから私も確固たる自信を持って治療に臨めるのだと思います。(ちょっと力入りすぎました。。。^^)

そしてそれだけに、この教材の著者である方も相当勉強されている方だと思いました。

ただそれでも、ちょっと検索すればネットでよく見る内容とそう変わらない情報だったらがっかりだなあ...という気持ちも拭えないままで、購入に踏み切ったんですけど(笑)。

これまで、1000円とか3000円とかのそういったアトピー系の情報教材も手を出したことがなかった私(笑)。

本当に読んでみたい、知りたいと思った時って、少々高くても買ってしまうものだと自分でもしみじみしてしまいました。

でも、そんな性格の自分だからこそ、アトピーを薬なしまでコントロールできるようになったとも自負しています。

もちろんアトピーはあるやり方が万人に必ず・・・ということは言えません。ただ、何をどうすれば良いのか、何が原因か整理できないでいますよね?
少なくとも私がそうでした。

最近になってやっと整理できたかなと思い始めていたんですが、今回読んでみて、さらなる揺ぎ無い理論をプレゼントしてもらったような気分になりました。
ちょっとだけ教材の内容について言うと、私個人的には水分の項目とビタミン剤の項目がかなり参考になってます。

「アトピービジネスに携わる業界関係者をすべて敵にまわす覚悟で正直に告白します」と綴っていらっしゃいます。すごいですね(^^;)

私は、あくまでこのブログで自分で試して良かったものを紹介しているにすぎませんが、もし数あるアトピー系の情報教材で迷っている方がいたら、その参考になればと思います。

脱ステ時の方向性の意味でも強い味方になってくれると思います。今日は長くなってしましました(熱すぎる私^^)。

一応リンクは貼っておきますが購入を即決することはお勧めしません。
無料レポートもこちらにある登録フォームから入手できますので、まずはこの無料レポートから見られてはいかがでしょう?これだけでもかなりいろんな事がわかります。
アトピー性皮膚炎克服プログラム


posted by kimi at 12:04| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

貨幣状湿疹とキズパワーパッド

キズパワーパッド・・・キズは本当にきれいに治してくれますね。

貨幣状湿疹関係の記事でも、たまに、キズパワーパッドで、浸出液が止まった、とか治った、というコメントを目にすることがあって、私も試してみたことあるんです。

たぶん、気になっている方、多いと思いますので、あくまで、「私の場合」になりますがちょっと結果をお伝えしますね。

包丁で切った傷は2日できれいさっぱり、治りました。本当に早くきれいになり、びっくりしました。

色々な意見があるみたいですが、これって、基本擦り傷とか切り傷用、つまり外傷に対応しているんですよね。
ですから、そういったことが注意書きに書いてあるので、貨幣状湿疹についてはなんか嫌な予感はしていました。

確かに瘡蓋作らず、剥がした後なめらかで、剥がした直後は傷というか、穴というか減ったように思われます。

でも、きっと、剥がすときにずごい威力なので、貼っていた箇所がかぶれて、じくじくが結果的に広がってしまいました。

鍼灸院の先生にも意見を聞いてみましたが、外傷は良いけれど、貨幣状湿疹の浸出液の場合、ヒスタミンが出ているものであるから、変に密閉してはいけないし、浸出液自体にキズを治す力があるとしても、貨幣状湿疹についてはこの液自体がキズを広げ悪さをしているからかえって拗らせる確率が高い、ということでした。


忘れてならないのは、貨幣状湿疹はアトピー症状であり、内側から体が起こしているものなんです。


キズパワーパッドそのものにある程度浸出液をかかえこむ力はありますが、私に関して言えば、肌と近い作りのもので、外に出したいものを止めているに近い状態にも思えました。その後、手首とか関係ない所、痒くなったので、なんか、自家感作に移行しそうで怖かったのでやめました。

これで、治った場合は貨幣状湿疹の中でも、毒だしというか、じくじくも治まって威力がなくなって乾燥状態に近くなってきている傾向にある方なのかな?って思います。


とにかく、私に関してはアウト!!でしたので、試してみるときの参考になればと思います。




posted by kimi at 20:55| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

貨幣状湿疹ができてしまったら(2)

前回は,貨幣状湿疹にステロイドをしようするにあたっての注意点でした。

それでは,貨幣状湿疹が出てしまったら,いつもどうしているのかお話したいと思います。

まず貨幣状湿疹は,初期段階ではプチッとした水様性の湿疹であるため,私は清潔な手で水分を出した後,市販のガーゼや包帯をはさみで切って絆創膏で巻いています。

絆創膏を直に巻くと,蒸れてかぶれたところがまた感染を起こして症状が悪化してしまうため,指であればこの方法を続けることで1週間〜1ヶ月で治ってしまいます。

ポイントは貨幣状湿疹の範囲が大きくなる前になるべく早くこの対応をすることです。

患部が乾きかさぶたになるのが早いからです。

また,通常はシャンプーや家事は症状の無い時も,ポリエチレンの使い捨ての手袋を使用します。ゴム手袋よりフィットしすぎず刺激がありません。

余裕のある方は綿の手袋をしてから,使い捨てのポリエチレン手袋をしているようですが,私は不精者なので続きませんし,綿の手袋も不衛生になるため気をつけなくてはいけません。

貨幣状湿疹の場所が体幹部の場合もできるだけ患部をガーゼ(包帯)で巻いてしまうなどすると良いようです。

ちなみにネットで調べると,キズパワーパットで治した人もいるようです。

私はかぶれるのが怖くて使いませんでしたが。

絆創膏の代わりに紙,テープ(医療用)でもよいですが,白で目立つので目立たない肌色の絆創膏が日常使いにはお気に入りでした。

私の場合,足に少しと手の甲,指だけでしたので治し易かったかも知れません。

いずれにしても,巻いたり巻かなかったりは症状が直ぐ復活してくるので,効果がありません。

血流が悪くならない程度に,しっかり1日中巻いておきましょう。

手の甲は包帯を巻くと周りの人に心配されて困ってしまったので,何もできず時間がかかりました。

1日20分汗を流すようになったら,あっさり治ってしまったので,やはり私の貨幣状湿疹は血流,代謝,解毒がポイントになっていることは確かです。

今でもおせんべい,カレーライス,炭酸飲料,アルコールを飲み過ぎるとプチプチ出ます。
暴飲暴食のバロメータにすらなってしまっています。
posted by kimi at 23:11| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

貨幣状湿疹ができてしまったら

貨幣状湿疹は,とにかく一度かかってしまうと治りにくい皮膚炎です。
何せ,リンパ液が絶えず出続けるため,”かさぶた”を作ってくれず,新しい皮膚ができないんです。

貨幣状湿疹は,長引くと原発疹の病巣で起こった細菌感染が血液を介して全身にまわり,自家感作性皮膚炎を起こします。
一般的にはそうならないために,『貨幣状湿疹ができたら,なるべく早く皮膚科を受診し,ステロイド外用剤などでしっかり治してしまいましょう』というアドバイスが多いようです。

・・・ただ,あくまでそれは”とりあえず”の対症療法なだけであり,根本的な解決にならないため,患者さんの多くはステロイド外用剤を塗らなくなってすぐに,もしくは,数ヵ月後にまた体のどこかに貨幣状湿疹は出てきてしまいます。

ですから,ステロイド外用剤だけでは,長期使用だと副作用は出やすいので,それ以外に自分の貨幣状湿疹がどうすれば悪化しないのか,もしくは快方に向かうのか模索していかなければならない訳です。

私の場合は,初めて貨幣状湿疹が指に出たときは,ほどなく全身に自家感作性皮膚炎が現れました。

この皮膚炎のことは何も知らなかったですし,アトピー性皮膚炎持ちでもなかったので,耐えられない”かゆみ”にびっくりし,皮膚科へかかるしかありませんでした。

ステロイド軟膏を塗布して1週間後より,信頼できる鍼灸院とめぐり合い,ステロイドをやめるように指導を受けると同時に食事の改善,そして,貨幣状湿疹に何か塗って治す事はやめるようにと指示を受けました。

私の場合,効くかも知れないと思い,紫雲膏(しうんこう)やタイツコウ軟膏を塗ると反応してしまい,1〜2ヶ月ですぐに自家感作性皮膚炎が出てくることも,自分で様子を見ているうちに分かって来ました。

乾燥性のアトピーに効くものが貨幣状湿疹に効くとは限らないことを感じました。

鍼灸院の先生も,とにかく病巣を叩いて叩いて,血液やリンパ液を十分に外へ出し切る治療を続けてくれました。

そうすると,次の日からその部分に”かさぶた”ができてくれます。

そしてそれが剥がれ落ちると新しい皮膚が出来上がってくるという流れで快方に向かいました。

鍼治療との出会いは私にとって,とてもラッキーだったのかもしれません。

posted by kimi at 11:12| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。