2011年10月16日

角質培養とにきび

こんにちは。
またまた久々の更新で、すみません。

今回も引き続き、にきびと敏感肌についてお話してみたいと思います。

にきびが出てなかなか治らない時期に考えたことがあるんです。

それは、どうして治らないのか、どうして日によって肌のコンディションが違って脂っぽいとき、乾燥がひどい時、痒いとき・・・と色々なのか。

「にきびがある人は逆に保湿をしてあげないとだめ」なんて記事を読んで、実際、なるべく肌に良さそうに見える保湿剤を色々使っても・・・・実際はなんか悪化してない??状態で、これなら、あまりあれこれつけずにまだ、洗いっぱなしのほうが良いとさっぱりしたスキンケアだけで過ごしていると、今度はなんかいつも口の周り粉ふいてたり・・・・。

そんな私が、気になっていたことはやはり、保湿をすることで実際にきびが治ったり、洗い過ぎない、石鹸を使用しなくなったら治ったっていう口コミ。

さらにそんな時「角質培養」というキーワードに出会いました。

ちょっとここでは私が詳しくご説明できないので、詳しくはサッポー美肌塾のメルマガをお時間ある方読んで見てください。

これ読むと私は今まで何をしてきたんだろうと思えちゃう方多いと思います。

ちなみに、にきびって、偏ったスキンケアでは治らないことも実感しました。

これはサッポー先生的理論ではなく、独自の体験に基づいたコメントです(笑)。

また、私は、紹介されているサッフォ化粧品は使っていません。
このメルマガでもサッフォ化粧品は紹介されてはいますけど、巷でよく目にする「治したければうちの化粧品ぜひ試してみて」的な要素は低いようです。

別の化粧品使っていても、質問するとしっかりお返事もくれるようですし。

もれなく『サッポー美肌塾のスキンケア読本』がついてくるモニター募集もやっているようですので、ご興味がある方はお試しあれ。

アトピー、にきび、その他敏感肌を変えて安定肌を作るのは、必要な角質で守られた肌なんです。
よく肌が入れ替わるのに28日、とかありますよね?あれも、よくわからなかったんです。
何をもって入れ替わったのかですよね。

これまで根こそぎ奪い続け、気がつけば表面だけ、つるつるして、且つ敏感は続いているといったビニール肌は、必要な角質の層が出来上がるのを待つスキンケアをすると変わるんです。

慢性的にあった炎症にきびはかなり改善できる可能性は高いように思います。

かといって、以前やってみたんですけど、水とか、小麦粉とかだけの洗顔で化粧しない生活、私はだめでした。炎症は少なくなりますけど、一時的に角栓もすごいので、耐えられないです。

きれいでいながら、にきびを治したい人には向かないかんもしれません。
ぬるま湯洗顔、水洗顔だけで綺麗になることもあるのはまったく否定しませんが、向き不向きがありますね。
posted by kimi at 17:40| Comment(0) | にきび治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント