2011年09月19日

私の貨幣状湿疹治癒後の写真

今日は久しぶりのお休みなので、ちょっと写真をUPしてみました。

すみません、アトピーネタにちょっと戻ります。

貨幣状湿疹が再発した時、じくじくが治まり、治った直後に撮ったものです。
SN3Q0110.jpgSN3Q0106.jpg

ちょっと寒い日だったので、鳥肌で、すみません(汗)。

体を動かし、食べ物を改善(悪いものを食べないだけでなく、毎日体を作るために必要なものもきちんと摂らなければなりません。)すると、浸出液が止まらず、がびがび、あるいは炎症が激しい部位も日に日にここまで、もっていけます。

この時は1回しか鍼灸院へ行っていまんから、やるべきことを踏んでいくと、炎症は治まります。
脱ステ時にも激しく浸出液がでますから、同じメカニズムで改善に向かっていくものと思われます。

以前、自分では色々わかっているつもりでも、堀口さんのまとめているレポートをみて、足りないことも多かったと思った、ということをお話したと思いますが、私の日記風のものとは違って、アトピーの人が本気で再発せずに治したいならこれをしてください、というのが項目できちんと載っています。
その時の私の記事はこちらです。

この手の他のレポートものだと、これもしてあれもして、と結局お料理もめんどくさいくて続けられるかわからないレシピが沢山のっていたりで、気が遠くなってしまうんですよね。

でも堀口さんのレポートだと、バン!!と四項目くらいで、摂るべき必要成分も載せられていて、忙しくても毎日の生活で、それだけは心がけようって思えるんです。

確かに一人暮らしの方だと、私のように子供がいて毎日がっちり食事を作っている者に比べると本気でないと続かないかもなって思ったりもします。

でも、外にも出られない、じくじくで化粧もできない、どうやって脱ステ時を乗り切るか、見えないトンネルにいて、何をしたらよいかわからない人は、救いになるように思うんです。

ただの脱ステでは、ステロイドを塗らなかった時のレベルにしか、もっていけない場合も多いと思います。
時間もかかります。脱ステしながら、着々と以前の自分の生活と違うことを進めていかなければなりません。

私のお勧めのビオチンも堀口さんのレポートをみると、その一部に過ぎなくて、代謝を正常にするには、色々な成分が繋がりあって体を動かすので、浅はかな気にさえなりますねー。

ただ、玄米についての部分については、私、ちょっと躊躇しています。

玄米は、賛否両論で、人によって激しく悪化したという文献も目にします。堀口さんも、口にする期間を限定されいるのですがそれでも、私的にはポンと入り込めない・・・・。
マクロビでも基本なんですが、慎重派の私(汗)。それ以外は全て今も油断せず実践しています。
油断せず、といっても、昔の日本人はこんな環境にいたんですよね。それが、今の社会で生きる人には難しくなっている。

体の内部が動く・・・・そうするとアトピー、貨幣状湿疹は出にくくなります。もちろん個人差はありますが、きちんと、書かれていることをしてみてください。

私は、今、それを常に生活の基盤においていますが(自ずと家族の生活まで整ってきますよ)痒くてかいても、皮膚が崩れません。健康な子供の皮膚のようにすぐ小さい瘡蓋になってとれて終わりです。
今日は↑の部分をお伝えしたかったのですが前置き非常に長くなりすみません。

沢山の人が早く、普通に化粧をして、半そで、半ズボンがはけて、笑顔が戻ってもらえると良いです。体質だからとあきらめないでください。体質は子供ならそのお母さんが、大人なら自分が作っているものです。

だから、体質は変えていけるということですね。





posted by kimi at 09:15| Comment(0) | 貨幣状湿疹の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。