2013年07月18日

貨幣状湿疹対策、継続することが難しい

免疫系統の皮膚炎って、一旦よくなると安心してしまいがちです。
で私も、わかってはいるのに、ついつい日常の色々な場面で、言い訳をつけては、緩めていってしまう。
みなさんは、どうですか?

でもそれを続けると大抵は半年くらいで、お馴染みのぷちっとした赤みのある、痒いの、出てくるんです・・・・。

運動も、食事も決めたことは、毎日はみがきみたいに続ける、そういうものだと思ってこなす、ことが
いつも快適な自分を作ることに繋がるのですよね。

なんで、アトピー体質の私だけ、と思わないようにします。

これを続けることは、最終的なあらゆる成人病予防につながっていくと思うとなんだか平気になります。

プリン、ケーキ、肉類を食べたいだけ食べている人は羨ましくなりますけど、ただ、胃腸の丈夫でない
太れない体質の私がそれを続けていれば、皮膚に出なくても、どこかに、来ると思うんです。
30代後半になればなおさらですね。

・・・ということで、毎日30分のウォーキングは続けています♪20分くらいから体の色々なところが動きだす感じです。私は冷え性なので、汗がたれてくるのもこの辺からかな?

年齢で変わりますが、最適な心拍数を維持した状態での20分から40分の運動は毛細血管をびっくりするくらい増やしてくれるそうです。想像しただけで、嬉しい。血のめぐりをよくすることは、皮膚炎を根本的に治しやすくする土台ですから。

もちろん、痒みの強すぎる方は無理をしないで、湯船や運動は少しずつあるいはご自分で加減しながらは大前提になります。

おうちにウォーキングマシーン買ったので雨の日も頑張れています。
最近は安いのがあるんですよね。びっくりしました。

2013年07月15日

あまりの仕事の忙しさに

長い間、あまりの仕事の忙しさに、こちらを更新できずごめんなさい(泣)。

その間、肌が不安定な時もありつつ、なんとか、花粉、黄砂を乗り越え持ち直してきました。

もともとアレルギーもちは、バランスを崩すと長引くので、やはり、良くなっても初心を忘れないことが大切と改めて感じたりしています。

時間を見つけてこれまで書き損ねていたことや、あれから試してみたことなど、また少しずつですが載せていきたいと思います。

*ご質問をいただいていた方、確認が遅れお返事できずごめんなさい。
鍼灸院ですが、宮城県にある地下鉄黒松駅近くの鍼灸院です。
鍼灸院に了解を得ているわけではないので、ここまでしかお伝えできないのですが。
台湾出身の先生なので調べると辿りつけるかと思います。

仕事の関係で、時間をみつけて更新せざるを得ない状況ですので、記事に関するお返事は今後は控えようと考えています。なんだか、かえってすぐに対応できないため失礼をしてしまいました。
日々試したこと、考えたことなど、貨幣状湿疹に悩む方々の参考になればと綴っていますが、貨幣状湿疹は皆さんも一番感じておられるかと思いますが、自家感作性湿疹へ移行しやすいため、試したことが時に悪化する場合があります。私の密閉湿潤療法のように(汗)。
でもこれで良くなった書き込みもありますから、民間療法や自分で治すと決めた段階で、自己責任のもと、というのは大前提になります。そこだけは予めご了承くださいね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。