2012年09月17日

デトックス...甘くみてました

こんにちは。とても久しぶりになってしまいました。

先日胃がん検診でバリュウム飲んだんですが(はじめてです)。
しらなかったんですが、あれって検診後下剤を飲ませられ、バリュウムが次の日のは体外に出なくちゃならないものなのだと知りました。
便秘がちな人は、次の日でなかったり、かなり硬く(ごめんなさい)なったりで大変な人もいる、と看護婦さんが。

バリュウムもしかり、体の中に取り込んだ、あるいは蓄積したいらないものはやはり外に早いサイクルで常に出されていなければならないのだと改めて考えたりしました。

その、体内の大半は毎日のお通じを通して外に出されます。わかっていたんですが、わかってなかったんですね、きっと。だって、貨幣状湿疹に悩んで、色々なことに取り組み、整腸剤やビオチンなど、腸内環境にアンテナを張るようになっても、どこか、脇に置いているようなところがあったんです。

つまり、一日おきのお通じでも、せっせと整腸剤やその他の錠剤を取り込んで安心しているような。
でも、毎日あるはずのお通じがないという食生活を見直すことが、一番の改善への近道でした。
理にかなったものを食べていると、びっくりするくらい変わります。
「デットクス」数年まえからの流行言葉としか思っていませんでした。
でも、取り込む前に、いらないものをきちんと出せているか・・・・もう一度見直してみてくださいね。
私が変わるきっかけは情報教材テキストでしたが、、勉強の仕方は人それぞれで構わないと思います。